育毛情報

育毛剤の種類について

育毛剤や発毛剤は、作用によって5つに分類できます。
その5つの作用のいくつかを組み合わせることによってそれぞれの育毛剤となっています。

育毛剤の5つの作用

頭皮の血液の循環を促進する。
傷んだ頭皮の状態を改善する。
毛母細胞の活性化を促進する。
男性ホルモンの活動を抑制する。
体調を整え、発毛環境を整える。

頭皮の血液の循環を促進するタイプの育毛剤

毛髪に必要な栄養分を毛母細胞に届けるのは、
血液なので血液の循環が悪くなると毛母細胞の活動が悪くなります。
血液の循環を促進するタイプの育毛剤は、毛母細胞に栄養をいきわたらせることによって

傷んだ頭皮の状態を改善するタイプの育毛剤

肌に合わないシャンプーを使用したり、必要以上のシャンプーのしすぎ。
整髪料などによって傷んだ頭皮は、育毛にとってマイナスです。
そのような傷んだ頭皮を正常にするには、頭皮に優しい成分でできた育毛シャンプーを
オススメします。

毛母細胞を活性化するタイプの育毛剤

毛根にある毛母細胞に有効な成分が配合がされ、
毛母細胞に直接働きかけることによって、育毛を促進します。
このタイプの育毛剤は、頭皮に浸透して初めて効果が表れますので、
頭皮の余分な脂うや汚れを取り除いてから使うことによって、より効果を発揮します。

男性ホルモンの活動を抑制するタイプの育毛剤

このタイプは、男性型脱毛症(AGA)の方に効果があり、
医療機関でよく用いられています。
男性ホルモンによる脱毛を防ぐタイプですので、女性の脱毛には効果がありません。

体調を整え、発毛環境を整えるタイプの育毛剤

健康的な毛髪を生やすためには、髪の毛の材料となる栄養が必要です。
不規則な生活や、バランスの悪い食事などが脱毛の原因にもなります。
このような不規則な生活による脱毛には発毛サプリメントをオススメします。